合成染料が開発されて100年余りが経ちましたが、最近、植物染料(天然染料)による染色が再び注目され静かなブームになっています。

この背景としては、一つは、消費者の生活意識が向上し、物質的な豊かさよりも精神的な豊かさ、ゆとりのある生活を楽しみ、自己表現を目指す方向に変化してきていること。二つめは、物づくりに自分から積極的に参加し、自由で個性的な発想で物を創造する意識開発がなされてきたこと。三つめは、ファッションの取り入れ方に変化が見え、時代の風潮に合わせた付和雷同的な大衆ファッション意識が薄れ、物の選択を自己の好みに合わせるように変化してきていること。もちろん、このほかにも様々な要因があると思います。

いずれにしても、合成染料では得ることが出来ない不思議な色彩と調和、色の深さなどを包含した自然回帰への願望と本物指向が芽生えたものであると思います。




 

 草木染は、自然の中で培われた植物を染料とする染色であり、すべての植物が染材として使用できます。

一般的に草木染で最良の染色をするためには、新鮮な染材を使用することが望ましいのですが、場合によっては採取した植物を一旦乾燥し、保存しておくことにより、いつまでも必要な時に楽しむことが可能となります。

また、染材としての植物は、同一品種でも生育地や植物の成熟度などによって、同一の色素が抽出できないことがあり同じ色の再現が出来ません。逆に言うならば、正確に同じ色に染色できないからこそ面白味があり、時として、目を見張るような素晴らしい色が顕出されることもあるわけです。

さて、実際に染材を採取するにあたって注意しなければならないことがあります。それは、私達が植物を使って染色することは、自然と一体となることであり、自然回帰への願いであると思います。

染材を採取することによって自然環境を破壊するようなこと、例えば、いくら希少価値があるからといって、絶滅寸前の高山植物を採取する、といったことは絶対に行ってはならないことです。でき得れば、日常の生活の中で不用になった植物(茶殻、野菜類、剪定技等)を利用するとか、あるいは、空き地やプランター等を利用して目的とする植物を栽培することも楽しいものです。

以下、容易に栽培できる草木染用植物の栽培方法についていくつかを紹介します。



蔓性の多年草で、根は樺黄色で乾燥すると赤黄色を呈し、アカネの名はこれに基づく。漢方では、この根を「茜草又は茜草根」と称し、腎臓病、喀血・鼻血・血尿等の止血薬、解熱強壮に効あるといい、主として煎剤としている。根にアントラキノン系の色素であるプソイドプルプリンの配糖体を含み上代では緋の栄色に用いていた。

葉が六葉であるところから、六葉茜とも呼ばれる。

薬効についてはさだかでないが、根に赤系色素のアリザリンを含んでいる。現在でも、食品の着色剤や草木染の赤系染料として用いられる。


2年生草木、茎は40〜120cmで、夏、技端に大型の花を着け、一見アザミ状であり、樺黄色の小管状花を球状に盛り上げて開く。漢方では、よく乾燥した花弁を煎剤とし、産前産後、腹痛などの婦人病一般に用いている。紅花の花弁には、黄色と紅色の2種類の色素が一緒に含まれており、黄色の色素をサフィロールイエローと言う。この色素は、花弁を水でもむと溶けて流れでる。紅色色素のカーサミンは水に溶けず、花弁の中にそのままの形で残っている。これを発酵して鮮紅色を得る。

紅花の種子はリノール酸を70%も含み、食用油として使用すると、血液中のコレストロール濃度を低下させ、動脈硬化の予防になる。

常緑性低木で、花の芳香がジャスミンに似ているため、学名ガーディニア・ジャスミノイデスと呼ばれている。漢方では、果実を乾燥して生薬の山梔子と称し、消炎、利尿、止血、鎮静などに用いられている。

乾燥した果実はカロチノイド系色素のクロシンを含み、飛鳥時代から黄色の染料として知られている。現在でも、沢庵漬、栗金団などの着色に用いられている。


多年草で根は太くて大きく、花穂も大きく晩夏ごろ下方から順に咲く。

同属として、キョウオウ(ハルウコン)、ガジュツ、サンナ、キバナガランタ、バンウコン、シャクシャなど多くの種類がある。

漢方では、根茎を乾燥して生薬の鬱金と称し、吐血、鼻血、血尿などの止血剤、胆汁の分泌を促進する作用があり黄疸症状に用いている。

根茎には黄色素のクルクミンを0.3%含み、平安朝の中期以降には既に知られ、酸性では美しい黄、アルカリ性では赤がかった色になる。

現在でも、カレー粉、沢庵潰の着色剤として用いられている。

落葉高木で、外皮を剥くと内皮は鮮やかな黄色で、このためキハダ(黄肌)と名づけられている。漢方では、内皮を乾燥して生薬の黄柏とする。今日でも日本局方方に入っている医薬品の一つで、健胃薬、下痢止として用いられている。内皮にアルカロイドのベルベリンを含み、このベルベリンは天然に産する唯一の塩基性色素で、古く中国では服色を階級のしるしとし、キハダで染色した黄色を最上位としていた。


日のあたる原野などに自生する多年草で、根は紫色で太く、初夏に白色の小さい花をつける。漢方では、根を乾燥して生薬の紫根とし、はれものの排膿、火傷、皮膚の荒れ止めなどに用いる。幕末、華岡青洲が愛用した「紫雲膏」が有名である。根には、ナフトキノン誘導体のシコニン、アセチルシコニン、多糖類、有機酸などが含まれており、天平時代から紫の染料として用いられた。

よもぎは九州・沖縄・台湾・中国に自生するキク科の植物です。

春には若葉を摘んで草餅(蓬餅)にします。蓬には邪気を払う力があり、食べると寿命が延びるという言い伝えから、3月の節句に供されます。葉と茎を用い、結合する金属塩によって複数の色相に発色する多色性染料である事がわかっています。


山や川沿い。染色の中では貴重な存在、暖かい茶色を出してくれる。色保ちもいい。葉で十分出せる。葉を細かくして煮出す。葉も実も同じ色になる。毛虫が好きな葉だから10月いっぱい葉があるかどうか…。

乾燥葉では色があまり出ない。時期的に制限があるのと、色が胡桃でしか摂れない、いい茶色だから、時期が来るととても嬉しい木です。

各地の山地、とくに沢筋の良好地に多く自生している雌雄異株の落葉小高木「ヌルデ」。若芽や若葉などにヌルデノミミフシアブラムシが寄生すると、「虫こぶ(ゴール)」が形成され、「五倍子(ゴバイシ)」という。「五倍子」は約50〜60%のタンニンを含み、秋彼岸頃に至って生長の極度に達し黄赤色になります、この時機が採取の時期といわれている。


蘇芳は主にインド南部・マレ−半島・インドネシアなどに生育しているマメ科の樹木。その芯材に含まれる色素で染料として使われる。媒染剤の必要な多色性を有し、アルミニウム系のものを用いれば赤色系に、鉄系のものでは紫色系になる。我が国では正倉院文書に蘇芳紙、つまりすおうで染色した和紙の事が記されている。

ラックダイはインド東部ガンジス川流域に生育する樹木に寄生するラック虫が、樹木から養分を吸上げて分泌する樹脂状のものをラックという。ラックから純粋な染料を取り出すのは、大変な手間がかかり、その秘伝は現在には伝えられていない。江戸時代には友禅や和更紗の多く用いられていた。


中央アメリカ原産の常緑小高木(樹高7〜10m)原産地では古くから染料として使用されていたが、スペイン人によってヨーロッパに紹介され、世界に広まった。日本に明治初期輸入され、紫染め、墨染めに重用された。日本でも暖地で試験的に栽培されているが、成育はよくない。現在は、中央アメリカで栽培されたものが幹材の形で輸入されている。